図書館総合展の期間、11月30日まで営業!🎉ご注文はお早めに。

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第24号 (2018年09月12日発売)

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第24号 (2018年09月12日発売)

通常価格
¥2,000
販売価格
¥2,000
通常価格
¥2,700
売り切れ
単価
あたり 
税込

【訂正のお知らせ】
該当ページ P.019 表 施設名
誤:大阪府立中央図書館 国際児童文学館化
正:大阪府立中央図書館 国際児童文学館

該当ページ P.019 表 大阪府立中央図書館 国際児童文学館の所在地
誤:大阪府吹田市
正:大阪府東大阪市

該当ページ P.68
誤:『夜明けの図書館員』
正:『夜明けの図書館』



ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第24号/2018年 夏号

ISBN 978-4-9085-1523-1
ISSN 2187-4115
発行日 2018年09月12日

◆巻頭言 沃野を切り開く新たなライブラリーマガジンを目指して[岡本真] p.002

◆特集 「マンガという体験、図書館という環境」[李明喜] p.006
 -図書館における「マンガ環境」のデザイン、その現場へ p.008
 -図書館、マンガ図書館、マンガミュージアムにおけるマンガの状況 p.019
◇マンガという体験、図書館という環境-1「実践の現場から」
 -寄稿:公共図書館とマンガ―ありふれた図書館資料として収集・提供するために[新出] p.026
 -マンガ大放談:いま、公共図書館に置きたいマンガ p.060
◇マンガという体験、図書館という環境-2「研究の最前線から」
 -論考1:マンガの環境としての図書館-ミュージアムとの比較を通して[村田麻里子] p.072
 -エッセイ:〈マンガ環境〉を考える―「マンガミュージアム」の困難と可能性[伊藤遊] p.086
 -コラム:日本マンガの多様な読まれ方―「世界マンガ」としての辰巳ヨシヒロ作品[椎名ゆかり] p.092
 -論考2:マンガを読むとはいかなる体験か―マンガと近代の時間について[三輪健太朗] p.096

◆司書名鑑 第19回 伊藤遊(京都精華大学国際マンガ研究センター/京都国際マンガミュージアム研究員) p.108

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~第6回「運命の開館日」[田中輝美] p.117

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第7回「八戸市が直営する書店『八戸ブックセンター』はなぜ図書館ではなかったのか?」[猪谷千香] p.124

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第2回「プロセスの見直しひとつで公共事業はクリエイティブに
―いま問われる「公平性」と市民にとっての豊かさ」[伊藤大貴] p.116

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第7回「誰が公立図書館の「~委員」をやっているのか?
次におすすめの若手は?」[佐藤翔] p.138

スタッフボイス
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告
次号予告

★この商品はアカデミック・リソース・ガイド株式会社の委託販売商品です。

カーリルで開く