図書館総合展の期間、11月30日まで営業!🎉ご注文はお早めに。

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第28号 (2019年09月30日発売)

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第28号 (2019年09月30日発売)

通常価格
¥2,500
販売価格
¥2,500
通常価格
¥2,700
売り切れ
単価
あたり 
税込

【訂正抜刷をお届けします】
2019年10月11日付で「ヴォーリズと『近江兄弟社図書館』」の抜刷版を発行いたします。
購入いただいた皆さまには、順次配送をおこなっています。
しばらくお待ちいただき、万が一お手元に届かない場合は、お問合せください。
(メール: lrg@arg-corp.jp )

【訂正のお知らせ】
該当ページ P049 段落末尾の欠落
誤:それは学校の内に於ても外に於ても 老幼男女凡ての人々に奉仕すべき教育的施設である」と述べている。時
正:それは学校の内に於ても外に於ても 老幼男女凡ての人々に奉仕すべき教育的施設である」と述べている。時代の波を越えて図書館サービスを続けてきた近江兄弟社図書館には、図書館の真髄ともいえる、このヴォーリズの精神が一貫して流れていたのである。

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第28号/2019年 夏号

ISBN 978-4-9085-1527-9
ISSN 2187-4115
発行日 2019年09月30日

◆巻頭言 次の10年を見据える[岡本真] p.002

◆特集 「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」
 -まえがき:「民間公共」という問いからの10年間[岡本真] p.006
 -1.大日本報徳社と「淡山翁記念報徳図書館」[奥野寿夫(掛川市立図書館 前・館長)] p.014
 -2.野本恭八郎と「大正記念長岡市立互尊文庫」[井口麻子(長岡市立中央図書館)] p.018
 -3.宇部共同義会と「宇部市立図書館」[藤永義昭(宇部市立図書館)] p.024
 -4.濱口家と「公正図書館」[湯澤規子(法政大学教授)] p.028
 -5.「興風会図書館」と「野田市立興風図書館」[川嶋斉(野田市立興風図書館)] p.032
 -6.森本家と「津山基督教図書館」[大河原信子(津山市立図書館)] p.038
 -7.ヴォーリズと「近江兄弟社図書館」[太田典子(ヴォーリズ学園図書館)] p.044
 -8.岩瀬弥助と「岩瀬文庫」[林知左子(西尾市岩瀬文庫)] p.050
 -9.斎藤實と「皋水記念図書館」[安倍初雄(奥州市立斎藤實記念館)] p.056
 -10.岡田健藏と「市立函館図書館」[丹羽秀人(函館市中央図書館)] p.060
 -11.川田豊太郎と「川田文庫」「青山文庫」[藤田有紀(佐川町立青山文庫)] p.066
 -12.杉野文彌と「江北図書館」[明定義人(前・江北図書館長)] p.072
 -対談:民間公共の系譜と現代[木下斉×岡本真] p.078
 -特別寄稿:もうひとつの『ニューヨーク公共図書館』~映画の背景にあるものを読み解く~[豊田恭子] p.99

◆司書名鑑 第23回 茂原 暢(公益財団法人渋沢栄一記念財団 情報資源センター/センター長、専門司書) p.110

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第6回「地企業がパブリックを担う時代 活躍の場が広がる議員、公務員」[伊藤大貴] p.116

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~番外編「島それぞれの図書館(海士町)」[田中輝美] p.124

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第11回「書架番号、必要ですか? VRを使って実験してみた」[佐藤翔] p.132

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第11回「すべての働く人たちの、未来のためにある図書館「エル・ライブラリー」[猪谷千香] p.140

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第2回「議員と社会のせつない関係」[小田理恵子] p.149

スタッフボイス
次号予告
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告

★この商品はアカデミック・リソース・ガイド株式会社の委託販売商品です。

カーリルで開く