たくさんのご利用ありがとうございました!販売は終了しました。

子どもの人権と学校図書館

子どもの人権と学校図書館

通常価格
¥2,000
販売価格
¥2,000
通常価格
¥2,200
売り切れ
単価
あたり 
税込

発行:青弓社 

四六判 縦188mm 横128mm 厚さ15mm 重さ 300g 210ページ 並製

<紹介>
学校図書館こそが、「自分で考え、自分で判断する」権利を保障しながら子どもを育成する教育装置である。子どもたちの人権と学習権、プライバシーを守りながら成長をどのようにサポートするのか、レファレンスサービスほかの重要なポイントを具体的に提言する。

<版元から一言>
爆発的な人気の『君たちはどう生きるか』の基軸には「「あたりまえのこと」を疑え」というアドバイスがあり、その呼びかけを子どもたちが素直に受け止めていることの背景には、「自分で考え、自分で判断する」ことを希求している実情がある。
学校図書館こそが、「自分で考え、判断する」権利を保障しながら子どもを育成する教育装置である。子どもたちの人権と学習権を守りながら、成長をどのようにサポートするのか、そのための重要な点を具体的に提言する。
子どもたちが自分の意志で生き方を決めて自己形成できるための学校図書館の役割を、力強く、ポイントを押さえてプレゼンテーションする。

★この商品は青弓社の委託販売商品です。

カーリルで開く