図書館総合展の期間、11月30日まで営業!🎉ご注文はお早めに。

伊那電氣鐵道沿線案内図”復刻”レプリカ
伊那電氣鐵道沿線案内図”復刻”レプリカ
伊那電氣鐵道沿線案内図”復刻”レプリカ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 伊那電氣鐵道沿線案内図”復刻”レプリカ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 伊那電氣鐵道沿線案内図”復刻”レプリカ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 伊那電氣鐵道沿線案内図”復刻”レプリカ

伊那電氣鐵道沿線案内図”復刻”レプリカ

通常価格
¥1,000
販売価格
¥1,000
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

■伊那電氣鐵道沿線案内図レプリカ 
明治42(1909)年から大正12(1923)年にかけ、辰野から天竜峡をつなぐために建設された伊那電氣鐵道は、長野県で最初に建設された私鉄です。
この「伊那電氣鐵道沿線案内図」は、飯田までの開通を記念し大正12(1923)年に絵師の金子常光により諏訪湖から天竜峡までの伊那谷全体を鳥瞰したパノラマ絵図です。発行当時のオリジナルサイズ(975mm×185mm)をそのままのサイズにて復元して発行しております。
伊那電氣鐵道開通100周年にあたる区間のみなさんいかがでしょうか。

■高遠ぶらりとは・・・
デジタル古地図「高遠ぶらり」は携帯端末用のアプリケーションです。携帯情報端末画面に表示された古地図や観光地図の上にGPS(衛星全地球測位システム)の現在地情報を表示されます。
また、画面に表示されたランドマークピンをタップすると、史跡などのランドマークに関する記事や写真、観光情報を観ることができます。古地図を見ながら現在の空間を移動することで、同時に異なる時代と空間を実感しながら街を散策し、学習・観光することができます。
ぶらりアプリは、株式会社Stroly が開発したシステムを使用して制作しています。

■高遠ぶらりプロジェクト
「高遠ぶらり」プロジェクトは、伊那市立図書館との協働事業であるとともにより広域の地域自治体・地域団体(主に上伊那地域市町村社会教育・文化財担当部門、観光振興組織、学校、国土交通省、国の機関等)と市民社会組織との連携・協働のモデルとして構築を進めている。
伊那市立図書館(伊那図書館・高遠町図書館)がプロジェクトオーナー、株式会社Stroly の技術協力を得て、「高遠ぶらり」制作委員会がアプリケーションの作成・ワークショップ実施などを担って進められています。

<プロジェクトミッション>
「高遠ぶらり」プロジェクトはアプリケーション、デジタル古地図の制作を通じて次のことを目指しています。
* 地域文化資産及び自然遺産、観光情報のデジタル化アーカイブ化の促進と地域資産の活用の基盤構築
* 生涯学習及び学校教育ツールと参加型学習・創造プログラム(ワークショップ)の企画・提供による、新たな地域学習の方法及び機会の創造
* 観光客に対する新しい観光方法・ツールの提供による、地域認知向上と観光客の満足度向上
また、古地図・観光地図の種類・掲載記事情報の追加等を継続的に行い、地域情報活用の基盤機会を持続的に整え、提供することを目的としています。さらに、地域内外の市民や団体との協同事業として、より広域の地域自治体・地域団体(主に上伊那地域市町村社会教育・文化財担当、観光振興組織、学校等)や市民社会組織との連携・協働のモデルになり始めています。
* 地域文化遺産及び自然遺産、観光情報のデジタル化・アーカイブ化:アプリ制作にあたり、コンテンツとして掲載するために、古地図・絵図・写真・地誌記事などの地域文化・自然資産及び観光情報をスキャン・編集・デジタル化しアーカイブ化します。文化資産の保存、蓄積にとどまらず、あらゆる人が地域情報を二次利用して編集・表現し、新しいコンテンツを創造する基盤となることを目指します。
* 新しい観光、学習(生涯学習・学校教育)用ツールの制作:デジタル古地図「高遠ぶらり」掲載の地図・コンテンツを継続的に増やすことで、地域の「文化・自然資産活用」を目指します。
* アプリの学習・観光への活用機会の企画・実施:アプリ制作過程及び完成後、本アプリを使用したワークショップを開催しております。
・一般参加型の街中探索ワークショップ
・生涯学習・学校教育向けワークショップ
・観光客向けツアー・ウォークラリー アプリを活用したツアーの開発をするとともに、携帯端末を持たない人にも、アプリと同様の体験ができるウォークラリー「高遠ぶラリィ」を開催し、新しい観光の楽しみ方を提供します。

★この商品は高遠ぶらりの委託販売商品です